アタラックスの副作用と注意

thrths季節の変わり目に乾燥した肌がかゆくなる人も多いと思います。
乾燥だけが理由ではなく、アレルギーやアトピーでかゆみが出てる場合もあるのではないでしょうか。
今回注目したいのはアレルギーについてです。
アレルギーのお薬として昔から使われているアタラックス。
昔から愛されるこの薬にはどんな効果があるのでしょうか。

効果と副作用

アレルギーの原因とされているのがヒスタミンです。
特にアレルギー体質の人に多く存在するとされる物質で、中枢神経を刺激し活性化し過ぎると皮膚へのかゆみ等を起こさせます。
そのヒスタミンを抑える事が出来るのがアタラックスです。
そのアレルギー症状を抑えるのと同時に落ち着かない気分を鎮める鎮静効果と、不眠症状を抑える眠りの効果をもたらせます。
しかし、第一世代と言われる古いタイプの抗ヒスタミン剤であるアタラックスは脂溶性と言って、非常に溶けやすく脳にまで達してしまうので、
ヒスタミンを抑えすぎて気分を落ち込ませたり
逆に睡眠症状を起こさせる副作用を持っています。

第二世代抗ヒスタミン剤

アレルギーで医師にかかる場合、いきなり古いタイプであるアタラックスを処方される事はあまり無い様です。
今は第二世代抗ヒスタミン剤も存在していてそちらを優先的に処方されます。
アレグラやアレシオン等が有名ですね。TVCM等でもよく耳にします。
第二世代は比較的ゆっくり効果が出てくるのが特徴で、副作用である眠気や鎮静効果が少ないです。
なので初めは第二世代から処方される事が一般的の様です。
処方箋が出ると保険が効くのであんまり価格を気にする事も少ないかもしれませんが、値段で言えば第二世代の方が新しい薬になるので価格的には高いです。
更に言えば第二世代の薬も2つに分ける事が出来ます。
第二世代の1と2です。この2つは効果の違いなどで明確には分けられていない様ですが、主には販売された時期によって分けられているようで、第二世代の2は第三世代と呼ばれる事もある様です。

使い分け

ジェネリック薬がもう一般化して来ていますが、身体の調子が悪い人からしたら少しでも早く良くしたいと思うのは人情です。どうしても新しい薬を求めてしまう傾向がありますが、抗ヒスタミン剤で言えば新しい第二世代の方が効果があるという事でもない様です。
近年すでに国民病でもある花粉症を始め、様々なアレルギー体質を持つ人は増加傾向にあり、仕事をする時も薬の力を借りないと困ってしまう人が増えました。
仕事中に眠くなってしまうのは困るという事で、副作用の少ない第二世代が登場したんですね。
第二世代は上記にもある様に副作用は少ないですが、効果に即効性がないので過度なアレルギー反応がある人には向かないみたいです。むしろ古い第一世代のアタラックス等の方がすぐに効果が現れ、楽になれるので症状によって向き不向きがある訳ですね。
アレルギーについてはまだ解明出来ていない部分も多く、その体質改善は西洋医学より東洋医学に頼っている世論もありますが、やはり目下症状を抑えたい人は西洋医学の薬に頼りたくなってしまいます。
すぐに効果を出したい人は第一世代の薬を選びましょう。
そして副作用が強い事を意識して気をつけながら使いたいですね。
■アタラックス関連サイト
アタラックス
http://www.168webshop.org/medicine/psychiatry/atarax.html